令和5年度PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理について広く知っていただくため、環境省と経済産業省の共催で全国6会場とオンライン3回の説明会を開催します。

低濃度PCB廃棄物の処分期限は令和9年3月31日まで

製造後30年以上経過した古い電気機器にはPCBにより汚染されたものがあります。PCBは、体内に蓄積すると様々な症状を起こす有害な物質であり、現在は製造、輸入が禁止されています。PCBに汚染された機器は、使用を終えて廃棄する際、法に基づき適正に処理しなければなりません。また、PCB廃棄物は処分期限までの処理が義務付けられています。
説明会では法規制の概要から、PCB汚染機器の調査方法や処分方法、具体的な発見事例等を詳しく解説します。

日程 令和5年10月6日(金)~令和5年12月1日(金)
各会場の日程は、日時・会場・申込をご覧ください。
参加費 無料
※どなたでもご参加いただけます
定員 各会場の定員をご覧ください。
※現地説明会は満員になり次第、締め切らせていただきます。
開催地 札幌、名古屋、大阪、広島、福岡、東京、オンライン(3回)
主催 経済産業省、環境省
講演内容
  1. PCB廃棄物の処理(PCB特別措置法)について :環境省 廃棄物規制課
  2. PCB含有電気工作物(電気事業法)について:経済産業省 電力安全課
  3. 低濃度PCBの調査及び適正処理について:公益財団法人 産業廃棄物処理事業振興財団
  4. 個別相談会(現地説明会限定)
参加方法 ご参加をご希望の方は日時・会場・申込よりお申し込みください。
オンライン説明会もお申し込みが必要となります。
※オンライン説明会はインターネット環境があればどなたでもご参加いただけます。
オンデマンド配信の案内 説明会と同じ内容の動画をオンデマンド配信します。
配信は今年10月から来年3月22日まで本サイトで公開予定です。

新着情報

2023.12.26
FAQ画面を公開しました。
2023.10.23
講演動画を公開しました。
2023.09.30
説明会資料を公開しました。
2023.08.28
参加申込を開始しました。